歯周病は生活習慣病、総合的な健康面から予防しましょう!

 歯周病は①歯肉炎と②歯周炎に分けて考えることができます。
①の歯肉炎は単に歯の周りの歯肉の炎症を指し、②歯周炎は歯を支える骨など、ほかの歯周組織に及ぶ炎症と破壊の生じている状態を言います。
 口腔内歯垢(プラーク)には300~500もの種類の細菌がいると言われ、そのうち歯周病の原因菌と考えられている菌類の酸性の代謝物が影響を与えていると考えられており、また、プラーク以上に舌苔にも口内細菌の発生源として報じられてます

 歯肉炎で、最も症例の一般的なプラーク性歯肉炎は単純性歯肉炎とも言い、主に20歳代以下の若い年齢層に見られ、歯周病の初期の段階に当たります。
歯垢やキンがたまる。それが元で出血したり腫れがおこったりします。 この時の症状は歯茎が多少痛痒い程度で、きちんとブラッシングケアすれば、腫れは引いていきます。

 これに対し歯周炎は歯肉炎を長く放置したり、適切なブラッシングケアをせずに進行させ、歯茎が赤紫色になった状態になり、収縮後退するとともに歯槽骨が溶けてゆき、歯と歯を支えている歯茎との間の溝が深まる。
そして歯垢が入りこんで骨が破壊されてしまい、歯が正常の位置を保てずぐらつき、ひどいときは膿などが出て不快な臭いを発生させ、最後には歯が抜け落ちることになります。30代以上の成人層に多く見られます。

 このように歯周病とは歯肉炎から歯周炎へといった過程で進行する生活習慣病であり、歯槽膿漏は歯周病の比較的進んだ後半部の呼称で、以前よく使われていた言葉ですが、現在では単に「歯周病」と一括して捉える方が一般的です。

 歯槽膿漏になってしまったら、もう手の施しようはなく、歯茎の後退は戻すことはできないと考えられていますが、近年では抗生物質の投与や、抗真菌剤・殺菌水での洗口、その他の専門的で総合的な治療でかなり緩和・向上するようになりました。しかし何といっても早いうちから予防意識を強く持ち、 歯だけではなく歯茎の健康も考えた正しいブラッシングケアが大切です。
また、医院でブラッシング指導をする歯科もあります。歯科で藤沢市にあるゆめの森歯科ふじさわは、高齢者に向けた訪問診療などもあります。近くの歯医者を探して診療メニューを見てみると良いでしょう。

 ブラッシングにはなるべく柔らかい家のブラシを使い、磨くというよりは歯と歯茎の間をマッサージするように、一本の歯につき10回は磨くような気持ちで気長に行い、最低でも5分以上はケアするよう心がけます。ブラッシングだけでなく、洗口剤、歯間ブラシ、デンタルフロス、電気歯ブラシなど、口の中が不快は説きにケアできるような製品を揃えておくといいでしょう。

最近の研究では歯槽膿漏(歯周病)は糖尿病、高血圧、動脈硬化、メタボリックシンドローム、などの全身疾患、さらに不規則な食生活やストレス、喫煙も原因として考えられています。また免疫学の進歩でそれとの関与も判明しています。

 単に口の中の問題ではなく、食生活や心身全体の健康面から考えて、予防を心がけることが肝要です。