歯を失う原因と予防について

歯を失う原因として虫歯をあげる人がいますが、実は虫歯が無くても歯を失う状態につながるものがあるのです。それは歯肉や歯を支える骨といった組織を破壊する歯周病で、実は虫歯よりも歯周病の方が歯を失う原因として多いのです。歯周病は、歯石や歯垢といった細菌を繁殖させる物質が溜まる事で、次第に歯を支えている骨が溶けるなど自分でも気づかない間に進行している状態になります。30代から40代になってくると歯周病にかかる人の数が増え、歯を失う事でスムーズに食事が摂れなかったりするなどの問題が出てきます。

歯周病には様々なリスク要因があり、歯磨きの不足は当然ですが喫煙やストレスといった生活環境も関わっているとされています。歯周病の多くは痛みなどの自覚症状が無く、歯がグラついてきて初めて自分が歯周病だったと気づく事が多いものです。何となく歯が浮く感じがしたり、歯茎の腫れ、歯間に食べ物がつまりやすくなったなど少しでも違和感を感じる場合には速やかに歯科受診する事が必要です。

歯周病を予防していくためには、定期的な歯科受診による歯垢や歯石の除去や正しい歯磨きの方法を学ぶ事、喫煙やストレスといった生活習慣の改善などが大切です。日頃の歯磨きで全ての歯垢等が取れれば良いのですが、正しいブラッシングを行わないとどうしても食べかすが口腔内に残ってしまいます。それが蓄積する事が歯周病の原因となりますので、正しい歯磨きの方法を知る事が重要となります。

生活習慣の改善という点では、ストレス等による免疫力の低下を防ぐ事や歯周病リスクを高めるとされる喫煙を控える事が大切です。また、歯垢の増殖を促進させてしまう糖分の摂り過ぎにも注意が必要です。バランスの良い食事を心掛けて、細菌に対する免疫力を高めていく事が歯周病予防には求められます。

このように歯を失う原因で一番多いのは歯周病であることを理解し、定期的に歯科を受診する事を心掛ける事が大切になります。歯を失う事は、治療に多額の費用がかかったり食事を楽しむ事が出来ない、咀嚼が上手くいかず胃腸にも影響が出るといった心身や生活に大きな悪影響が出ます。受診した時に医師から指示された事を守り、自らの歯で健やかな毎日を過ごす努力は大切です。自らの生活習慣と歯の状態を見直して積極的に歯科を受診していく事は、心身の健康と生活の充実につながっていきます。歯は人間の健康維持に欠かす事が出来ない事を自覚する事が大切なのです。