歯並びが悪くなる原因とその対処法、治療法

歯並びは人前で他人に見られる部分ですから、大変気になる部分ですが、子供の頃に乳歯から永久歯に生え変わるときには、歯並びのことなんか本人はほとんど意識できてません。
だからこそ、大人になってから、何で歯並びがよくないのかな?と不満に感じるシーンは出てきてしまいます。
そこで、歯並びについては、やはり親もしっかりと見守っていた方が良いでしょう。
歯並びは見た面問題ではなくて、歯の健康状態にも影響をきたしますから。

では、歯並びが悪くなる原因はなんでしょうか?

原因は挙げてみたらキリがありませんが、子供だからこそ抱えている原因というのがあります。
それは乳歯がなかなか抜けないことです。
乳歯から永久歯に生え変わるときには、必ず前兆があります。それは乳歯がどんどんグラグラしてくることです。
当然グラグラしてきたら、そろそろ抜けるかな?と思うでしょう。
ただ、グラグラ度合いによりますけど、グラグラはしてきたが、なかなか抜けない場合もあります。グラグラしている状態を放っておくといずれ抜けるのですが、それまで待つと時間がかかってしまいますから、自分でも力を加えて抜いてしまう場合もあります。
それが必ず正しいとは言えないものの、時間がかかっている場合には自分で抜いてしまっても良い場合もあります。それは自分で判断するしかありません。
グラグラ度合いがかなり強くなってきて、いよいよ抜けそうだと思ったら、自分の手で抜いてしまっても構わないでしょう。ただ、グラグラはしてきたが、まだ抜ける感じではないというときには抜く必要はないですし、痛いのでやらない方が良いです。
乳歯が抜けるまでに非常に長い時間がかかってしまうと、乳歯が抜けていない段階から、もう永久歯が生えようとしてしまい、乳歯を避ける形で生えてくるので、そこから生える永久歯がおかしな方向になったり、生えている場所がおかしかったりする場合があります。
これが歯並びが悪くなる原因の1つです。

対処法は以上で説明した通り、もう抜けてもおかしくないと思いながら、なかなか抜けない場合は自分で抜いた方が良いということです。
ただ、歯並びが悪くなってしまったら、治療をするしかありません。
その場合には子供の場合には、顎の骨の大きさや位置などを調整してから、従来の歯の並びを矯正することになります。
大人になってしまうと、顎の骨の大きさや位置は変えられないので、歯の並びだけを矯正していく治療法になるのです。