妊娠中に歯をケアすることの重要性

妊娠中は唾液の分泌が女性ホルモンの影響で減ってしまうため、虫歯になりやすい口内環境になります。
特に妊娠初期はつわりなども始まり、口内環境まで気が回らないため、ケアもおろそかになりやすいこともあり、虫歯や妊娠性歯肉炎が起こりやすいです。

しかし、妊娠初期は非常にデリケートな時期でもありますので、歯科治療には向きません。
治療にいく場合は妊娠中期の安定期に入ってからがベストです。
臨月近くになると早産の可能性も出てきますし、仰向け治療をすることが困難になってきます。
歯医者の方でも出産してから治療しましょうと勧められてしまいます。
出産すると、生まれてきた子供に母親の虫歯菌がうつりやすくなりますので、虫歯治療をすることになった場合は速やかに妊娠中に済ませることが大事です。

生まれてすぐの赤ん坊には虫歯の菌は居ないのです。
赤ちゃんとのスキンシップや同じ食器を使用したり、周りの大人との日々の何気ない行動から虫歯菌が赤ちゃんにうつってしまいます。
ママの口内環境が良くないと、赤ちゃんに及ぼす影響もまた大きなリスクを伴います。
そして妊娠性歯肉炎になると早産の危険も高まるのです。

歯周病と様々な病気との関連性も明らかになってきていますが、早産と歯周病の関連性もまた大事になってきます。
歯周病による炎症に対して身体が反応し守ろうとすることから、出産のサインを伝達する物質が作られ、早産に繋がる可能性があることが分かっています。
軽く考えずに少しでも歯周病の予兆がある場合は、赤ちゃんのためにも積極的に歯科治療に通いましょう。

歯周病予防にはデンタルフロスを使うことがとても効果的です。
出産前に行われる地区の育児教室でも歯のケアとして、デンタルフロスの使い方などの講習があるほどです。
歯周病の原因ともなる歯垢を防ぐことが出来ますし、歯茎の中には毎日の歯磨きでは取りきれない汚れが残っています。
きちんと毎日ケアしてあげることにより、歯周病予防にも繋がりますし、口内環境改善に大きく貢献することが出来るでしょう。

また食生活もとても大切になります。
妊娠中の栄養は胎児につぶさに行き渡りますが、カルシウムなどもどんどん胎児に蓄えられていきますのでママは普段以上に栄養に気をつけなければなりません。
特にカルシウムは普段歯や骨に蓄えられていて、体内で不足することはまずありませんが、妊娠中に体内のカルシウム不足になると歯や骨に蓄えられたカルシウムが溶け出し、胎児に流れ込みます。
これにより、出産後に骨粗鬆症になりやすくなったり、歯が弱って虫歯やかぶせ物が取れやすくなったり、歯が欠けたり虫歯になったりと、色々な病を引き起こします。
満遍なく栄養を摂りつつ、特にカルシウム不足にならないように、普段の食生活も気をつけて過ごしましょう。